2006年11月

2006年11月30日

漢字は難しい

前回投稿の瘀血はタイトルのほうは瘀が表示されないため泣く泣くひらがなにしました。ま、それはいいのですがこの前のぞみ先生と看護しの「し」は「士」か「師」かでかなりもめました。調べると結構気になっている人がいるみたいです。とゆうか「士」と「師」の違いについていろいろな意見や説がありました。でもこれが正解ってのはよくわからなかったです。ただ存在すら知らなかったのですが鍼灸の専門学校に入るための予備校があってそのホームページの中に「士」と「師」の違いもわからないのに鍼灸師になりたいだなんてけしからん!みたいなことが書いてありました。知らなくてごめんなさい。
ちなみに看護しは今は看護師です。昔は男性が看護士、女性が看護婦でした。PCや携帯の変換では看護師はでてこないので変わったのは最近ですね。

nozomiharikyu at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)院長日記 

2006年11月28日

於血ではなくお血

この間のあるあるでノロノロ血ってのやってました。最近、東洋医学系の番組が多くなってうれしいです。ただ於血ではなく瘀血です(たぶん)。もしかしたら於でもいいのかもしれませんがうちらは瘀を使っています。よく週刊誌とかで悪血と書いてありますが別に悪い血ではありません。血(東洋医学では「けつ」と読む)
の流れが滞ることを瘀血といいます。血行が悪いって事ですね。冷え症の人は瘀血が多いのでしょう。ぜひとも経絡治療をオススメします。

nozomiharikyu at 16:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)院長日記 

2006年11月21日

チャングム終わってしまった

先週の放送でチャングムが終わってしまいました。長い旅を終えたかのような気分です。もともとは何のドラマかも知らず、ただ最高尚宮さまをちぇごさんぐんさま〜ってゆうセリフ(ミン尚宮が多い)とチェ尚宮さまが怒ったときに机をバンッと叩くのが面白くて見てたのですが。途中から医女編になって病気の原因や正体をのぞみ先生とマジ討論したりしました。最終回はあっけなくなんだかなって感じですがそれが韓流ドラマのいいとこかも。でも他のは恋愛ものばかりで見る気になれんな。

nozomiharikyu at 17:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)院長日記 

2006年11月14日

主治医が見つかる診療所

昨日の夜、主治医が見つかる診療所ってゆう番組をやってました。夜七時からだったので急いで帰りました。どんなことやるのかなって興味しんしんで見ていましたがやっぱり自分たちがやっている治療法とかなりかけ離れているのであんまり参考にならなかったです。でもいろんな治療法があるとゆうことを知っただけでも勉強になったかなと思います。だからもっと勉強しなくちゃね。ただ最初に紹介されてた脈診をする先生の治療院が鍼灸接骨院なのに鍼灸整体院て紹介されていたぞ。いいのか?

nozomiharikyu at 13:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)院長日記 

2006年11月06日

やった?

5d896a95.日曜日には夫婦でよく買い物に行きます
昨日も、近くのフィールへ行きました

店員「グリコの商品を買っていただくと、くじを引けます」

普段、引きはよくない私ですが物は試しにひとつ引かせてもらいました。
(もちろん、お菓子も買いました。)すると、

店員「おめでとうございます。一等があたりました。こちらをどうぞ。」
私「わぉ、中には何が入ってるのですか?」
店員「・・・ただの箱です。」
私「・・・・・ありがとう。」

帰りに
先生「人生で初めての一等賞じゃない?」
私「違うよ!確か、2回目だよ!」

どんぐりの背比べでした。
あたるなら、宝くじが良かった
次の一等は何年先になることやら

nozomiharikyu at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)のぞみ日記